FARO REPORT(ファーロレポート)でこんなデータが分かる!Basic登録で見るデータ①

FARO REPORT(ファーロレポート)への登録が終わったら、まずはBasic登録で使える機能を使ってみましょう。

登録がまだの方はこちらで、登録方法をチェックしてくださいね。

まずは目次で何のデータが確認できるのかをチェック!

faro0127_1

Basic登録では上記①~⑨のデータを見ることができます。今回は④のアクセスランキングTOP20までを簡単に説明しますね。

①サイト概況(直近3ヶ月)

faro0127_2

最初のページで確認できるのは、サイトの直近3ヶ月の情報です。グラフ(レーダーチャート)で確認できるので、3ヶ月間の変化が一発で分かります。例えば、何か広告をスタートした際など、その後に手ごたえのある変化があるかないかなどが1ページ目で分かります。

集客力を新規・リピートと分けてある点、ユーザーのサイト滞在時間なども要チェックです。
新規のユーザーがどの程度サイトに訪れたのか、リピートしてくれるユーザー数の割合はどうなのか、ユーザーはサイトをどの程度の時間見ているのか、など大まかなデータが分かりますね。

②サイト概況(当月/前月/前年同月)

faro0127_3

次のページ、サイト概況では当月・前月・前年同月を比較し、過去13ヶ月の最大値との比較をすることができます。年単位での変化や特に流入が多かった月との比較をすることができます。その月に何を行ったのか、広告の種類を変えたり、ホームページの構成変更など、修正した点に効果が出ているのかを年単位で比較し検証することができます。

③当月の日別PV数

faro0127_4

これはブログなどを運営している方は見慣れたデータかもしれませんね。日別のPV(ページビュー)データを1ヵ月分を一覧で確認することができます。(PVってなんだっけ?という方はこちらでおさらいしてくださいね。)ユーザーがどの位サイトを訪問したのかを日別で確認することで、新しい発見がありそうですね。平日と土日の比較、曜日によって水曜日が突出しているなどがあれば、どの施策が効果を上げているのか分かります。

④アクセスランキングTOP20

faro0127_5

アクセスランキングTOP20では、サイト内のどのページが人気だったのかが分かります。
PV数、ページ別訪問者数、直帰率(1 ページしかユーザーに閲覧されなかったセッション[ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション]の割合を言います。)を確認することで、どのサイトに修正が必要かが分かります。また、修正したサイトの効果が出ているかも、長期的に見ると確認し修正していくことが可能ですね。

今回はBasic登録で作成できるレポートの4項目目までの説明でした。
次回、この続きの「入口ページランキングTOP20」から先を説明していきますね!

FARO REPORT(ファーロレポート)の無料登録はこちらから。