FARO REPORT(ファーロレポート)でこんなデータが分かる!Basic登録で見るデータ②

さて、前回「FARO REPORT(ファーロレポート)でこんなデータが分かる!Basic登録で見るデータ①」にて、

Basic登録で作成できるレポートの特長を1~4までで説明しました。

まだ読んでない方はぜひこちらからチェックしてくださいね!

今回はBasic登録で作成できるレポートの特長、その2として前回の続きをお伝えします。

⑤入り口ページランキングTOP20

このような感じで、サイトのどのページからユーザーが流入してきたかというのがTOP20のランキングで一覧となって出てきます。

要するに、「ホームページ上のどのページを人が見ているのか」をランキング式に見ることができるということですね。

このランキングからサイトの設計を組み立て直すヒントがたくさん得られそうですね!

⑥流入経路のサマリ

ユーザーは様々な経路(グーグルで検索したり、リンクを経由したりSNSを見てなど)から、サイトにアクセスしてきます。

流入経路のサマリでは、ユーザーが「どういった経路を辿ってサイトにたどり着いたか」を確認することができます。また前年同月と比較が出来るので、SNSの運用が成功しているのかどうかなど、次に打つ手を考えることができますね。

 ⑦検索エンジンからの流入・推移

流入経路の中の1つ、検索エンジンからの流入を分析したのがこのページです。

検索エンジンの中でも、どこから検索したのか(Google、yahoo!など)訪問者の数と割合、前月との比較、またコンバージョン(成約率)も一目で分かります。

 

⑧検索キーワードTOP20

次に確認できるのは、検索キーワードのTOP20。ユーザーがどんなキーワードで検索してサイトにたどり着いているかが分かります。

ユーザーが何を知りたいのか、その興味に対してサイトが応えているかが「平均滞在時間」「直帰率」で読み取ることができますね。

⑨スマートフォン・PCユーザーの分布

最後はスマートフォン・PCユーザーの分布です。スマートフォンの比率が一目で分かりますね!

スマートフォンの普及で、この数字は非常に重要なものとなってきました。PCを持たない若者も増えているなか、今後スマートフォンからサイトがどう見えているか、操作性の問題などをシンプルにしていくのはどのサイトにとっても急務ですね。

以上が前回からの続きでお伝えした「FARO REPORT」のBasic登録で出来ることです。

無料で登録できるにも関わらず、かなりボリュームと情報量のあるレポートが作成できます。

ぜひ登録して、実際の数字を確認してみてくださいね!

 

 

FARO REPORT(ファーロレポート)の無料登録はこちらから。