Google アナリティクス、どう使う?初心者が見るべき5つの点はこれ!

Googleアナリティクス、上手に使っていますか?
そもそも、Googoleアナリティクスって何に使うもの?という疑問に今日はお答えしていきます。

Googleアナリティクスとは・・・Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

Googleのアカウントを持っていれば、基本的に無料で登録できます。

アクセス解析ツールなんていうと難しいですが、商業用・趣味であってもHPというのは「見てもらう」ことが前提で作られていますよね。「誰が」「どれくらい」「どのページを」「どんな風に」見ているのかが分かるのが、このGoogleアナリティクスなのです。

アクセス解析をすることで、「もっとたくさんの人にHPを見てもらいたい」「資料請求をHPからしてほしい」「ECサイト上の商品を買って欲しい」などの目的を達成するための道のりが見えてきます。

今日はその中でも初心者が見るべき、Googleアナリティクスの5つの点をご紹介します。

①ページビュー数(PV数)
これは、ユーザーがページを閲覧した回数のことです。例えば、AさんがTOPページを見て、その後クリックして次のページ・また次のページを見てサイトを離れた場合は3PVということです。

②訪問者数(ユーザーセッション数)
この数値はユーザーが「Webサイトに来た訪問数」のことです。リアル店舗であれば、お店に立ち寄ったお客様の数のことですね。1人のお客様がそれぞれの商品を手に取って見ても、来訪数は1となるので、セッション数も何ページ見てサイトを離れても数字としては1となります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

③平均ページビュー数
1人のユーザーがどのくらいページを閲覧したか、の平均値のことです。

④サイト滞在時間
サイトを訪問したユーザーがどの位の時間、サイト内閲覧をしていたかが分かります。

⑤直帰率
サイトの1ページ目だけを見てサイトを離れた訪問者のパーセンテージを算出します。TOPページだけで訪問者が離れてしまうというのは、「期待と違う」というしっかりとした意思表示ですね。

以上、Googleアナリティクスで分析すると分かる代表的な5つをご説明しましたが、Googleアナリティクスでは100以上の項目に渡って分析することが可能です。

ただ、この5つを知りたいだけでも「どこにどのデータがあるのか」探し出すのが大変なのがGoogleアナリティクスの特徴でもあります。

もっと簡単に上記のデータが分かる方法ないの?
Webの改善するのも大変なのに、データを見て分析するのはもっと大変!

そんな声に答えるのがこちらのツール。
Googleアナリティクスに登録さえしてあれば、最短1分からお使いいただけます。

FARO REPORT TOP

FARO REPORTでは、6つの指標を使った「サイト概況」が
一目でわかるスライドがあります。

FARO REPORT「サイト概況」
サイト概況

6つの指標の説明
集客力:訪問数
新規集客力:新規訪問の回数
リピート集客力:リピート訪問の回数
スマホ集客力:スマートフォン集客力
CV力:コンバージョン数
検索エンジン力:検索エンジンからの流入数

初心者でもわかりやすい言葉の指標を使っていますね。

有料版のPremium版でも、1週間は無料。
早速登録して、試してみてください。

FARO REPORT TOP