あなたの営業スタイルを変える?!:FARO REPORT(ファーロレポート)を活用した業務効率化事例 (マーケティング会社 プロデューサー 星野様の場合)

営業のお仕事では、日中はお取引先へ、夕方以降にまとめて資料作り・・・そうしたスタイルでお仕事されている方がほとんどではないでしょうか。

前回お会いした際から今回お会いするまでの間で得た「情報をまとめて」お客様との関係性を短時間でグッと縮めたい!

けれども、資料を作成する時間が捻出できない・・・。

そんな代理店のお悩みを解決できる、FARO REPORT(ファーロレポート)を使った秘策・FARO REPORT活用方法についてマーケティング プロデューサー (OVERA株式会社 代表取締役社長  星野様)にお話を伺いました。

 


①突然のパフォーマンス報告にも、瞬時に対応!<1分で出せる>

<以下、星野様インタビュー>

お客様のサイトを作って終わりでは、本当の満足には繋がらない。納品後もお客様にとって活用できるWEBサイトにするために、私たちはFARO REPORTを活用して、目的を持ったサイト運用を提案しています。

今まではデータをまとめる時間を使うと、新しい企画案を作る時間が圧迫されるというジレンマがありました。また、お客様からの問い合わせに対しての急な対応が求められることも多々ありました。

そんな中、お客様先へ向かう電車の中であっても、スマホで操作ができるFARO REPORTを使うことにより、ワンタッチでパワーポイントが生成され、簡単にチェックできるようになり、運用の質の向上と共に、新しい取り組みを推進することができるようになりました。

<以下、FAROインタビューアー>

なるほど、スマホで操作できるというFARO REPORTの機能を上手に取り入れていただいていますね。

移動時間で操作やデータの確認が出来ることで、お客様のところへ到着する際には「情報のお土産」を届けることができます。

 


②カスタマイズの使用例<案件ごとにフォーマットを保存できる>

日中の訪問が多く、夕方帰社してくると大量のパフォーマンスレポート報告に追われる・・「一瞬でレポートができたらいいのに!」

そんなことを思うときもあるのではないでしょうか。

それでは、マーケティングのプロはどうカスタマイズ機能を使い分けているのでしょうか?

<星野様インタビュー>

クライアント様にとって活用できるデータの種類、切り口は様々です。

そのため、各クライアント様の用途に沿ったオリジナルでの資料の作成が必要です。

これは時間もかかり大変な作業になりますが、FARO REPORTを使えば、

クライアントごとに適したレポートスライドを選択できますし、そのカスタマイズが

保存できるため、案件ごとに適したフォーマットをすぐレポート化することができるようになりました。

<以下、FAROインタビューアー>

FARO REPORTのカスタマイズ機能もクライアント様ごとの管理で快適にご使用いただいているようです。

カスタマイズしたレポートのフォーマットは保存できるので、毎回クライアントに適したレポートを瞬時に作成可能です。

できたレポートを元に、分析・次回の施策や企画案の作成など・・・すぐに取り組めるのがFAROREPORTの魅力です。


③まとめ「FARO REPORT ご登録方法」

今回は実際にFAROREPORTをお使いいただいている、マーケティングプロデューサーの星野様のお話を伺いました。実際のお仕事の現場に即した使い方で効率化していただいているようです。

マーケティングのプロも納得のFARO REPORT。

あなたも早速登録して、使ってみましょう!